教養・歴史書評

『グリーン・ジャイアント』 森川潤著 文春新書 1012円

    『グリーン・ジャイアント』 森川潤著 文春新書 1012円

    「グリーン・ジャイアント」とは、エネルギー業界の最前線に躍り出た新進気鋭の企業たちを意味する。二酸化炭素の排出と吸収を同量にする「カーボンニュートラル」の重要性をいち早く認識し、脱炭素ビジネスに参入したそれら企業の動きについて在米の著者がリポート。洋上風力発電や電気自動車、水素還元製鉄、植物性ミルクなど各分野の状況を解説し、あわせてなぜ日本が脱炭素後進国になったのか、今後どう挽回すればいいのかを明らかにする。(H)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事