週刊エコノミスト Online学者が斬る・視点争点

「感染が減ったのは緊急事態宣言を出したから」は真実なのか―誤った認識で政策を評価するリスク=高久玲音

    Bloomberg
    Bloomberg

    感染縮小は政策効果と言い切れず

     新型コロナウイルスの感染「第5波」を受け、今年7月12日から81日間に及んだ緊急事態宣言が9月30日、全面解除された。ピーク時の自宅療養者が2万人を超えた第5波は、医療を逼迫(ひっぱく)させ、飲食店などの経営に深刻な影響を及ぼした。

     一方で、第5波が収束する過程では、ワクチン接種が進んだことなどとも相まって、「人流に変化がないにもかかわらず感染が減った」ことが指摘された。緊急事態宣言のような人流を抑える政策は、コロナの感染状況にどの程度影響するのか、という点に改めて注目が集まっている。

    残り2577文字(全文2838文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事