【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Onlineロングインタビュー情熱人

「私は手紙を書く代わりに映画を撮る」 野村展代監督インタビュー=井上志津

「漂流ポストに手紙を書く側になっていたことに気付きました」 撮影=佐々木龍
「漂流ポストに手紙を書く側になっていたことに気付きました」 撮影=佐々木龍

 昨年急逝した佐々部清監督のゆかりの地を親友の俳優、升毅さんがたどるドキュメンタリー映画「歩きはじめる言葉たち〜漂流ポスト3・11をたずねて〜」が公開中だ。監督の野村展代さんに完成までの道のりを聞いた。

(聞き手=井上志津・ライター)

「私は手紙を書く代わりに映画を撮る」

「今が独り立ちするタイミング。人と人とが思い合う姿を自分なりの形で表現したい」

── 監督を務めたドキュメンタリー映画「歩きはじめる言葉たち〜漂流ポスト3・11をたずねて〜」が公開中です。最初の企画は劇映画だったそうですね。

野村 もともとは岩手県陸前高田市にある「漂流ポスト」をモチーフに、そこで暮らす人たちの物語を描く予定でした。私は東日本大震災のボランティアを経験し、いろいろな話を聞いたので、被災地をテーマにした映画を作りたいと思っていたのです。佐々部清監督の前作2本(「群青色の、とおり道」2015年、「八重子のハミング」16年)のプロデューサーを務めた縁で、今回も佐々部さんが監督を、私がプロデューサーをするはずでした。でも資金繰りや内容の折り合いがうまくいかず、19年暮れに企画をストップしました。(情熱人)

残り3621文字(全文4114文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事