教養・歴史書評

『アルバイトの誕生』 岩田弘三著 平凡社新書 924円

    『アルバイトの誕生』 岩田弘三著 平凡社新書 924円

     大学生の86%に浸透し、労働力の供給源でもあるアルバイト。本書はその変遷をたどる。戦後の生活苦で学生は知的労働から職種を広げざるを得ず、結果、就職の際は「世間ずれして社風になじませるのが難しい」と敬遠された。高度成長期には娯楽費目的が拡大し、ルーズで扱いにくい存在だったが、1990年代後半からは管理強化が進む。社会経験として職場で責任を引き受け、学業より優先する現状は、それでいいのか。大学教育の意義が問われる。(A)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事