教養・歴史書評

『刑務所の精神科医』 野村俊明著 みすず書房 2970円

『刑務所の精神科医』 野村俊明著 みすず書房 2970円

 刑務所や少年院で長年受刑者らの治療に当たってきた精神科医が現場を描いたエッセー。親から虐待を受け、家を出て幼児わいせつを重ねた少年。摂食障害で過食となり、食べ物を手に入れるため万引きを繰り返す若者。矯正施設にいる人たちの相当数が精神的疾患を抱え、認知症の患者も増えている深刻な実態と、そんな状況に対応しきれていない司法制度を浮き彫りにする。厳しいテーマだが、著者の患者に注ぐまなざしが終始優しいことに救われる。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事