教養・歴史書評

『アダム・スミスの夕食を作ったのは誰か?』 カトリーン・マルサル著 河出書房新社 2310円

『アダム・スミスの夕食を作ったのは誰か?』 カトリーン・マルサル著 河出書房新社 2310円

「ジェンダーより経済が優先」と論じられるが、本書を読むと、今の経済の枠組みが偏っていると気付かされる。経済学の祖アダム・スミスは「個人が自由市場で自分の利益を追求すればうまく回る」と説いた。だが生涯、彼の世話をしていた母親は視野になかった。女性が担ってきた家事や育児、介護といったケアはかつては経済の枠外であり、市場に組み込まれた今は低賃金。女性の社会進出とは、男性中心の経済への参加を意味する。新たな経済観が求められている。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事