教養・歴史書評

『バチカン大使日記』 中村芳夫著 小学館新書 946円

『バチカン大使日記』 中村芳夫著 小学館新書 946円

 経団連で土光敏夫氏ら歴代会長に仕えたビジネスの世界から畑違いの駐バチカン大使に転出した著者。世界中の信徒を束ねるカトリック総本山で日本への理解を深めようと奔走した稀有(けう)な記録だ。外交は未経験ながらミサなどの行事に足しげく通い、要人をレセプションに積極的に招いて地道に人脈を構築。教皇の訪日や日本からの枢機卿選出など偉業を成し遂げた。バチカン内の路線対立や聖職者の性的虐待問題など影の部分にも触れていて貴重。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事