教養・歴史書評

『日本的ジョブ型雇用』 湯元健治、パーソル総合研究所編著 日経BP 2750円

『日本的ジョブ型雇用』 湯元健治、パーソル総合研究所編著 日経BP 2750円

 大手企業が相次いで導入を発表している「ジョブ型」雇用。採用時に職務内容や勤務時間、勤務地などを明確に記した雇用契約を結ぶことで、異動や転勤に関わるトラブルを未然に防ぐ方法として注目されている。本書は今なぜこの雇用方法が求められているのか、企業はどのような制度設計を構築して臨むべきかを豊富な実例とともに分析する。経営者や人事担当者のみならず、採用を希望する側にとっても、ジョブ型を総合的に理解できる解説書である。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事