教養・歴史書評

『遺伝子命名物語』 坪子理美、石井健一著 中公新書ラクレ 990円

『遺伝子命名物語』 坪子理美、石井健一著 中公新書ラクレ 990円

 新たに見つかった10種類の遺伝子の命名過程をめぐるストーリー。一見すると地味なテーマだが、そこには当事者たちの苦悩と偉業を成し遂げた喜びが凝縮していた。例えば、日中の科学者が携わった遺伝子は、細胞同士が生き残るために競うことに関わっている点に注目し、勝負事の「マージャン(麻雀)」に決定。別の遺伝子は二刀流を思わせる機能から伝説の剣豪にちなんで「ムサシ(武蔵)」となった。素敵な人間ドラマを発掘した著者に感謝したい。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事