教養・歴史書評

『ロボットと人間 人とは何か』 石黒浩著 岩波新書 1034円

『ロボットと人間 人とは何か』 石黒浩著 岩波新書 1034円

「ロボットを研究することは、人間を深く知ることでもある」。ロボット学の世界的な権威が、最近10年間の研究を通じて分かってきた人間の本質とロボット活用の可能性を明らかにする。例えば、語学の学習に機械然としたロボットを導入すると学習者はかえって人間の講師に感じるようなプレッシャーを覚えず、対話相手として自然に受け入れられるという。「人間理解にはゴールがない」と指摘する著者の多様な探究と考察は実に魅力的だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事