教養・歴史書評

『サウジアラビア』 高尾賢一郎著 中公新書 902円

    『サウジアラビア』 高尾賢一郎著 中公新書 902円

     アラビア半島の大半を国土に持ち、王政国家として、そして石油マネーの利権にまみれた産油国というイメージで見られているサウジアラビア。しかしその内実はほとんど世界に知られていない。本書は、サウジアラビアの日本大使館で専門調査員を務めた経験を持つ著者が、その歴史、宗教、王室と権力などについて解説し、謎に包まれたこの国がいかにして「イスラーム世界の盟主」と呼ばれるまでの存在になったのか、大国の実像を明らかにする。(K)

    インタビュー

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事