教養・歴史書評

『環境経済学』 スティーヴン・スミス著 白水社 2090円

『環境経済学』 スティーヴン・スミス著 白水社 2090円

 当初は汚染、最近は気候変動。経済活動が引き起こす環境問題に政策はどう対処できるか。経済学の観点から政策の枠組みを整理し、経緯をたどる。ベースには環境改善にかかる費用と、対策によって得られる便益を比較する考え方があり、具体例が市場メカニズムを利用した環境税と排出権取引だ。被害を被る人と対策すべき人が異なる点に対して交渉の論理が見いだされてきた。国際的な合意形成にもつながる論点が豊富で、環境問題を考える基本書だ。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事