教養・歴史書評

『彼は早稲田で死んだ』 樋田毅著 文藝春秋 1980円

『彼は早稲田で死んだ』 樋田毅著 文藝春秋 1980円

 半世紀前、早稲田大学は左翼集団「革マル派」に支配されていた。学生や教員を攻撃し、大学側も黙認。ついにある学生が虐殺される。平和を取り戻そうと立ち上がったのが、当時同大に在籍していた元朝日新聞記者の著者だ。非暴力を訴える集会を重ねて学友らの支持を得たが、革マル派から暴力を受け脱落する仲間が続出。著者自身も襲われ重傷を負った。そんな挫折の経験を基にした「不寛容に対して寛容で闘えるのか」との問い掛けが実に重い。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事