教養・歴史書評

『バブル再び』 長嶋修著 小学館新書 924円

『バブル再び』 長嶋修著 小学館新書 924円

 1990年前後のバブルを超える史上最大の資産バブル時代が来ると予測する本。日経平均株価は4万円をはるかに超え、不動産をはじめとする資産価格が上昇すると主張する。主要国の中央銀行による利上げなどにより株価急落があるとしても一時的なことで、理論や理屈を超えたものになるという。不動産コンサルタントとして知られる筆者だが、これまでウオッチしてきた国内外の政治、経済、金融と、その歴史の文脈をひもとき独自の視点で述べる。(N)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事