教養・歴史書評

『バブル再び』 長嶋修著 小学館新書 924円

『バブル再び』 長嶋修著 小学館新書 924円

 1990年前後のバブルを超える史上最大の資産バブル時代が来ると予測する本。日経平均株価は4万円をはるかに超え、不動産をはじめとする資産価格が上昇すると主張する。主要国の中央銀行による利上げなどにより株価急落があるとしても一時的なことで、理論や理屈を超えたものになるという。不動産コンサルタントとして知られる筆者だが、これまでウオッチしてきた国内外の政治、経済、金融と、その歴史の文脈をひもとき独自の視点で述べる。(N)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事