教養・歴史書評

『政府は巨大化する』 マーク・ロビンソン著 日本経済新聞出版 3850円

『政府は巨大化する』 マーク・ロビンソン著 日本経済新聞出版 3850円

 気候変動に対する対応や年金、インフラ整備などに加え、コロナ禍への対策まで国家財政に重くのしかかる。先進国経済はいま、軒並みこうした苦しみの中にあると見ていいだろう。財政コンサルタントの著者は、これらの中で最も国家を圧迫するのは、技術の進歩が著しい「医療」分野だと断言する。そして数量データと明晰(めいせき)な論理で医療費増大のからくりを分析するとともに、今後政府が巨大化していく事態は避けられないだろうと未来予測する。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事