教養・歴史書評

『柔術狂時代』 藪耕太郎著 朝日選書 1870円

『柔術狂時代』 藪耕太郎著 朝日選書 1870円

 柔道のルーツとなった柔術は20世紀初頭、米国をはじめ世界各地で熱烈なブームを巻き起こした。その時代背景と実相を膨大な資料から読み解く。米国では日本人柔術家がボクサーと対決する異種格闘技試合が人気を博し、武術だけでなく健康や美容の手段として注目された。しかし、日露戦争で勝利したことを契機に日本は米国への脅威となり、柔術の受け止め方は好意から敵意へ一変。歴史に翻弄(ほんろう)された伝統文化の姿は悲しいが興味深くもある。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事