教養・歴史書評

『柔術狂時代』 藪耕太郎著 朝日選書 1870円

『柔術狂時代』 藪耕太郎著 朝日選書 1870円

 柔道のルーツとなった柔術は20世紀初頭、米国をはじめ世界各地で熱烈なブームを巻き起こした。その時代背景と実相を膨大な資料から読み解く。米国では日本人柔術家がボクサーと対決する異種格闘技試合が人気を博し、武術だけでなく健康や美容の手段として注目された。しかし、日露戦争で勝利したことを契機に日本は米国への脅威となり、柔術の受け止め方は好意から敵意へ一変。歴史に翻弄(ほんろう)された伝統文化の姿は悲しいが興味深くもある。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事