教養・歴史書評

『難民に希望の光を 真の国際人緒方貞子の生き方』 中村恵著 平凡社 1870円

『難民に希望の光を 真の国際人緒方貞子の生き方』 中村恵著 平凡社 1870円

 1991〜2000年に日本人で初、そして女性初の国連難民高等弁務官として難民救済に尽力した緒方貞子。同弁務官事務所(UNHCR)に就職し、緒方氏のパーソナル・アシスタントの経験もある著者が、その生涯と成し遂げた仕事について、多くの取材と調査をもとにまとめあげた。着任直後にクルド難民危機に直面し、法的には難民とみなされない人々まで支援対象とする英断を下すなど、独自のリーダーシップがどのように生まれたかを述べる。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事