教養・歴史書評

『給料はあなたの価値なのか』 ジェイク・ローゼンフェルド著 みすず書房 3960円

『給料はあなたの価値なのか』 ジェイク・ローゼンフェルド著 みすず書房 3960円

 給料は何で決まるのか。米国について社会学者が分析した。成果に経験、職種が重要だと多くの人が考える。要因を当人に求めるベースには、雇用側と求職者、つまり需要と供給が合致して「価格=賃金」が決まる市場モデルがある。著者はそれは神話だと切り捨てる。着目するのは権力構造だ。雇用側は市場競争を制限し、株主・経営者への利益分配が増している。賃金アップのカギに挙げるのは最低賃金と労働組合。日本に照らし合わせずにはいられない。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事