教養・歴史書評

『マツダとカープ 松田ファミリーの100年史』 安西巧著 新潮新書 946円

『マツダとカープ 松田ファミリーの100年史』 安西巧著 新潮新書 946円

 自動車大手のマツダとプロ野球球団のカープ。広島を代表する存在の両方に深く関わってきた松田家の100年、4代にわたる評伝だ。独自技術にこだわり経営難など幾多の失敗を乗り越えた初代・松田重次郎の「とがった経営」を息子たちが継承。世界初のロータリーエンジン量産化を果たし、カープを人気球団へ育て上げた歩みが痛快。宴席の二次会以降は費用を自己負担とするなど、率先して経営の公私混同を排した2代目・恒次の姿も印象的だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事