教養・歴史書評

『マツダとカープ 松田ファミリーの100年史』 安西巧著 新潮新書 946円

『マツダとカープ 松田ファミリーの100年史』 安西巧著 新潮新書 946円

 自動車大手のマツダとプロ野球球団のカープ。広島を代表する存在の両方に深く関わってきた松田家の100年、4代にわたる評伝だ。独自技術にこだわり経営難など幾多の失敗を乗り越えた初代・松田重次郎の「とがった経営」を息子たちが継承。世界初のロータリーエンジン量産化を果たし、カープを人気球団へ育て上げた歩みが痛快。宴席の二次会以降は費用を自己負担とするなど、率先して経営の公私混同を排した2代目・恒次の姿も印象的だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事