教養・歴史書評

『グローバル世界の日本農業』 小林寛史著 作品社 2640円

『グローバル世界の日本農業』 小林寛史著 作品社 2640円

 グローバル化の波は農業にも押し寄せており、「輸入品に押されてどうにもならない」という声が多く聞かれるようになった。著者はこうした時代だからこそ、アジア各国の農業従事者同士が連携して共通の課題について話し合う必要性を強調する。その中で本書は、戦前から日本農業の海外展開に貢献し、ブラジル移民支援などを推進した農林官僚、荷見安(はすみやすし)の功績に多くのページを割いている。日本農業の未来を考えるためのヒントが見つかるかもしれない。(T)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事