教養・歴史書評

『小澤征爾、兄弟と語る』 小澤俊夫、小澤征爾、小澤幹雄著 岩波書店 2200円

『小澤征爾、兄弟と語る』 小澤俊夫、小澤征爾、小澤幹雄著 岩波書店 2200円

 日本が世界に誇る指揮者にして、これまで多くの交響楽団の音楽監督を務めてきた小澤征爾。本書は80代後半になったその生涯の歩みを、兄弟2人と語り下ろしたファン待望の本。その2人とは、口承文芸学者で小澤昔ばなし研究所所長の小澤俊夫(征爾の兄)と、俳優・エッセイストの小澤幹雄(弟)。征爾のことを誰よりも深く知る2人とともに、時に56歳で亡くなった長兄・克己の思い出なども交えながら、リラックスして悠然と語っていく。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事