教養・歴史書評

『「それから」の大阪』 スズキナオ著 集英社新書 924円

『「それから」の大阪』 スズキナオ著 集英社新書 924円

 コロナ禍以降、陽性者の数や医療体制の不備など、批判的に報じられる機会が多くなった大阪。しかしながら大阪とは本来、街も人間関係も「密」であることに魅力のある場所だった。大阪在住のフリーライターの著者が、そんな場所なのに、状況から「密」になることを禁じられてしまった大阪の街を歩いた1年2カ月の記録が本書。自粛要請に悩む屋台店主やちんどん行列、365日朝6時から営業する銭湯など、厳しい日々をたくましく生き抜く姿を描く。(T)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事