教養・歴史書評

『『ニューヨーク・タイムズ』のドナルド・キーン』 ドナルド・キーン著 中央公論新社 2420円

『『ニューヨーク・タイムズ』のドナルド・キーン』 ドナルド・キーン著 中央公論新社 2420円

 日本文学研究の世界的権威として知られた著者が昭和の時代、米紙『ニューヨーク・タイムズ』に寄稿した日本に関する知られざるエッセー集だ。三島由紀夫の衝撃的な自決を受けて「作家として最盛期に死んだ」と追悼。瀬戸内の豊かな自然や歌舞伎の米国公演、川端康成のノーベル文学賞受賞など、取り上げたテーマが実に多彩で圧倒的な知識と日本への愛情の深さに感嘆させられる。オイルショックで生活が一変した様など、当時の世相も分かり貴重だ。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事