【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『タリバン台頭』 青木健太著 岩波新書 924円

『タリバン台頭』 青木健太著 岩波新書 924円

 緊迫したウクライナ情勢が続き、日々のニュースの筆頭を独占している。しかし、アフガニスタン情勢も依然混迷の中にあるのは周知の通り。ことにタリバンについて正確に理解するのは困難とされている。テロリストとして危険視する見方、正当な統治の主体として擁護する見方などが入り乱れる中、中東調査会研究員の著者は、タリバンが台頭した背景や、アフガニスタンの部族社会を冷静に分析し、多くの人が理解できる土壌を作ろうと試みる。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事