教養・歴史書評

『日本農業改造論』 神門善久著 ミネルヴァ書房 3080円

『日本農業改造論』 神門善久著 ミネルヴァ書房 3080円

 研究者である著者は各地の農場に足しげく通う。農業者の話を聞くことが主眼ではない。農地を、作物や家畜の様子を観察する。そして、農業を通じて社会を観察する。メディアで農業が成長産業だともてはやされ、新規就農に輸出拡大と耳に心地よい論が躍る現状を批判。同時に、各地で光る農業者を紹介し、理想の将来像を描く。彼らは栽培技能を磨き、自然と市場の変化に対応する。優れた農業が環境負荷の低減と経営を両立していることは希望だ。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事