教養・歴史書評

『日本農業改造論』 神門善久著 ミネルヴァ書房 3080円

『日本農業改造論』 神門善久著 ミネルヴァ書房 3080円

 研究者である著者は各地の農場に足しげく通う。農業者の話を聞くことが主眼ではない。農地を、作物や家畜の様子を観察する。そして、農業を通じて社会を観察する。メディアで農業が成長産業だともてはやされ、新規就農に輸出拡大と耳に心地よい論が躍る現状を批判。同時に、各地で光る農業者を紹介し、理想の将来像を描く。彼らは栽培技能を磨き、自然と市場の変化に対応する。優れた農業が環境負荷の低減と経営を両立していることは希望だ。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事