教養・歴史書評

『日本近代社会史』 松沢裕作著 有斐閣 2640円

『日本近代社会史』 松沢裕作著 有斐閣 2640円

 明治維新以降、日本は急速に近代化した。それは人々の関係性の変化でもあった。本書は、人々が市場を通じてモノを売買することで成り立つ社会が形成される様を描く。戸籍や税の制度改革は必然かつ偶発的に行われ、身分制に基づく秩序が無計画に崩壊していった。農村で稲作に従事する点は同じでも、農家は市場に放り出されたのだ。村が相互扶助の組織から「抜け駆け可能な社会集団」へ変貌した厳しさにおののくが、今に通じる心性だと気づく。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事