教養・歴史書評

『世界 パンデミックの記録』 マリエル・ウード編 西村書店 3850円

『世界 パンデミックの記録』 

マリエル・ウード編 西村書店 3850円

 新型コロナという未知のウイルスの出現で世界はどう変わってしまったのか。フランスのAFP通信社が、衝撃と対峙(たいじ)する世界各国の人々のオールカラー写真約500点を集めたのが本書だ。その数は61の国と地域、165の都市、町、村に及ぶ。緊迫した救急現場や無人となった繁華街、ソーシャルディスタンスの取り方、数々の別れと涙などの写真に圧倒される。パンデミックと闘う世界の共通性と、その国ならではの個別性の両面が理解できる本。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事