教養・歴史書評

『世界 パンデミックの記録』 マリエル・ウード編 西村書店 3850円

『世界 パンデミックの記録』 

マリエル・ウード編 西村書店 3850円

 新型コロナという未知のウイルスの出現で世界はどう変わってしまったのか。フランスのAFP通信社が、衝撃と対峙(たいじ)する世界各国の人々のオールカラー写真約500点を集めたのが本書だ。その数は61の国と地域、165の都市、町、村に及ぶ。緊迫した救急現場や無人となった繁華街、ソーシャルディスタンスの取り方、数々の別れと涙などの写真に圧倒される。パンデミックと闘う世界の共通性と、その国ならではの個別性の両面が理解できる本。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事