教養・歴史書評

『森と木と建築の日本史』 海野聡著 岩波新書 990円

『森と木と建築の日本史』

海野聡著 岩波新書 990円

 豊かな森林に恵まれた日本では、その歴史と木の関係は切っても切り離せない。建築史家で文化財保存活動にも取り組む著者は、城や寺院などの木造建築が大量に作られた奈良時代をはじめ、利権化や樹種の使い分けが進んだ中世、頻繁に起きる大火で流通の仕方が変わった近世と、木の日本史を解説していく。そして現在も木の運搬には大きな困難があるが知られていないこと、さらに、不足する木材に対し森をどう再生させるかという課題に触れる。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事