教養・歴史書評

『帝国日本のプロパガンダ』 貴志俊彦著 中公新書 924円

『帝国日本のプロパガンダ』 

貴志俊彦著 中公新書 924円

 日清戦争以降、日本は度重なる戦争で国土を拡張し総力戦に突入、敗北する。戦争熱を鼓舞するプロパガンダが50年の間、どう変遷したのかを研究者が総括する。カギになるのはビジュアルだ。当初は錦絵、やがて写真と映画がメインに。庶民は戦争を娯楽として享受した。1941年以降は検閲が強化され、報道は大本営発表のまま戦果を誇張。写真は姿を消した。戦争への道筋をたどるうえで人々の意識とメディアの変容を押さえることは必須だ。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事