教養・歴史書評

『帝国日本のプロパガンダ』 貴志俊彦著 中公新書 924円

『帝国日本のプロパガンダ』 

貴志俊彦著 中公新書 924円

 日清戦争以降、日本は度重なる戦争で国土を拡張し総力戦に突入、敗北する。戦争熱を鼓舞するプロパガンダが50年の間、どう変遷したのかを研究者が総括する。カギになるのはビジュアルだ。当初は錦絵、やがて写真と映画がメインに。庶民は戦争を娯楽として享受した。1941年以降は検閲が強化され、報道は大本営発表のまま戦果を誇張。写真は姿を消した。戦争への道筋をたどるうえで人々の意識とメディアの変容を押さえることは必須だ。(A)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事