教養・歴史書評

『認知症パンデミック』 飯塚友道著 ちくま新書 946円

『認知症パンデミック』 

飯塚友道著 ちくま新書 946円

 衰えを見せない新型コロナウイルス禍にあって、ステイホームの時間が長くなっている人も多いはず。リモートワークの推進のみならず「自発的ロックダウン」もあたりまえになりつつあり、こうした中で脳が萎縮し、認知症がより深刻化していると本書は警鐘を鳴らす。長年認知症の画像診断の研究を続け、地域での認知症対策に携わってきた著者は、脳を守るための具体的な生活習慣改善と、AI(人工知能)を有効活用した早期診断の実用化、重要性を訴える。(K)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事