教養・歴史書評

『秘録 齋藤次郎』 倉重篤郎著 光文社 1650円

『秘録 齋藤次郎』 

倉重篤郎著 光文社 1650円

 旧大蔵省で「10年に1人の逸材」と評され、事務次官に上り詰めた齋藤次郎。かつて小沢一郎と組み、国民福祉税導入、自民・民主両党の大連立という2度の大勝負に出て、いずれも挫折した。なぜ彼らは敗れたのか。記者として日々接していた著者が齋藤の重い口を開かせ、歴史的な証言を引き出した。官僚時代、軍事費を膨張させた戦争の反省から「財政健全化」を目指し成果を上げたが、積極財政を望む政治の意向に翻弄(ほんろう)された悲しい姿も明かされる。(W)

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事