【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用

米国株の成長性と多様性から見えてくるもの

 日本株より格段に大きな米国株式市場。成長性や銘柄の多様性などでも、他の株式市場の追随を許さない。米国株をさまざまな角度から探ってみると、企業と社会の底知れぬ強さも見えてくる。

 

Bloomberg
Bloomberg

 米株価は8月中旬から軟調な動きに転じたものの、中長期的に見れば「絶好の仕込み時」という見方が市場関係者の間で根強い。事実、米株価はコロナ禍前の高値を上回り、他の先進国株価をしのぐ勢いだ。>>>記事はこちら

 

Bloomberg
Bloomberg

 年初から米株価の下落が続いたが、悲観論の大合唱が投資家心理を極度に悪化させていた。>>>記事はこちら

 

Bloomberg
Bloomberg

 なぜ、米国株が長期投資に有望なのか。さまざまなデータから検討し、8点にまとめてみた。>>>記事はこちら

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事