【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

ピッグサイクルの上昇局面が来た! 中国でも高まるインフレ懸念 真家陽一

中国の食卓に欠かせない豚肉だが、生き物ゆえに安定的な生産は難しい Bloomberg
中国の食卓に欠かせない豚肉だが、生き物ゆえに安定的な生産は難しい Bloomberg

 欧米と比べ安定していた中国の物価に、黄信号がともっている。8月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比2.5%と2カ月連続で通年目標の約3.0%に近づいた。主因は豚肉価格の値上がりだ。6月は6.0%下落だったが7月は20.2%、8月には22.4%と大幅に上昇した。

 背景にあるのが「ピッグサイクル」だ。豚肉価格が上昇すると、養豚業者の増産に伴う供給量増加で価格が下落し、今度は減産することで供給量が減少し、価格が再び上昇、という現象で、中国では3~4年周期で起こる。

 近年では、2018年8月にアフリカ豚熱(ASF、旧名アフリカ豚コレラ)が発生、大量の殺処分による供給量減少で豚肉価格は19年3月に前年同月比5.1%の上昇に転じた。

 その後は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、供給面では増産の遅れ、需要面では「巣ごもり消費」などの影響を受け、20年9月まで19カ月連続でプラスに。この間、新型コロナの収束に伴う生産回復もあって供給量は徐々に増加した。そして豚肉価格は20年10月に2.8%下落し、22年6月まで21カ月連続でマイナスの状況が続いたが、供給量減少などの要因で7月から上昇局面に突入した。

生産も消費も世界最大

 中国でピッグサイクルが発生する最大の要因は、豚肉が中国人の食卓に欠かせない食材であることだ。価格が上昇してくると、養豚業は売り惜しみ、消費者は買いだめに走り、値上がりに拍車をかける傾向が強い。ちなみに世界の豚肉の生産と消費に占める中国の割合はそれぞれ44.1%、48.3%でともに最大となっている(21年、米国農務省統計)。

 また、農家の副業など小規模な養豚業者が多いことから、豚肉価格の上昇局面では養豚への参入、下落局面では撤退が容易に起こりやすく、価格変動を助長している…

残り563文字(全文1313文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事