教養・歴史書評

『市民オペラ』 石田麻子著 集英社新書 1155円

『市民オペラ』 石田麻子著 集英社新書 1155円

 オペラと聞けば、華麗な衣装に演技、多くのセリフが歌唱で表現され、登場人物も多い総合芸術として理解している人が多いだろう。しかしイタリア語で「仕事」「作品」を意味するこの芸術が、「市民オペラ」として日本各地で展開され、日本固有の文化になっていると認識している人は少ないに違いない。プロと市民が協働し、行政との調整もこなしながら、なぜ日本社会はこれまで市民オペラを続けることができたのか。オペラ上演研究の第一人者が解説する。(K)


週刊エコノミスト2022年11月15日号掲載

『市民オペラ』 石田麻子著 集英社新書 1155円

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事