【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『SDGsは地理で学べ』 宇野仙著 ちくまプリマー新書 880円

『SDGsは地理で学べ』

宇野仙著

ちくまプリマー新書 880円

 世界で叫ばれるSDGs(持続可能な開発目標)の最新動向を、予備校講師が地理の観点から解説した。地球温暖化で北極海上の氷が解け、航路となるため米国でグリーンランド買収も取り沙汰される。サハラ砂漠では国連などが砂漠化阻止へ広範囲に植林する「巨大な緑の壁」計画が進行中だ。電気自動車などに不可欠なレアメタル(希少金属)は産出国の鉱山で児童労働が横行している。課題は地球規模で多角的・多面的に考えるべしとの指摘に納得。(W)


週刊エコノミスト2022年12月6日号掲載

『SDGsは地理で学べ』 宇野仙著 ちくまプリマー新書 880円

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事