教養・歴史書評

『アフター・アベノミクス』 軽部謙介著 岩波新書 968円

『アフター・アベノミクス』 軽部謙介著 岩波新書 968円

 故安倍晋三首相による異色の経済政策「アベノミクス」。その舞台裏を元ベテラン記者が内部資料や証言を基に検証するシリーズの最新作は、政策の軸足が金融緩和から財政支出に移っていく過程にスポットを当てた。金融に興味を失い財政へ傾斜する安倍氏とその流れに乗り発言を強める積極財政派の与党議員。歳出拡大圧力に劣勢が続く財務省と物価上昇目標に届かず焦る日銀。関係者の思惑と苦悩が混然とした実情を浮かび上がらせている。(W)


週刊エコノミスト2023年1月31日号掲載

『アフター・アベノミクス』 軽部謙介著 岩波新書 968円

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事