週刊エコノミスト Online挑戦者2023

「訳あり不動産」特化で買い取り――丸岡智幸さん

まるおか・ともゆき 1983年茨城県出身。2002年東電学園高等部を卒業し、東京電力に約10年勤務。その後、1部上場不動産会社で投資用アパートの販売業務などに従事する。19年に独立し、ネクスウィルを創業。20年10月に訳あり不動産の買い取りに特化した不動産買い取り事業を開始。22年2月から空き家や訳あり不動産を個人間売買できるオンラインマッチングサイト「URI・KAI」の運営も行う。(撮影 武市公孝)
まるおか・ともゆき 1983年茨城県出身。2002年東電学園高等部を卒業し、東京電力に約10年勤務。その後、1部上場不動産会社で投資用アパートの販売業務などに従事する。19年に独立し、ネクスウィルを創業。20年10月に訳あり不動産の買い取りに特化した不動産買い取り事業を開始。22年2月から空き家や訳あり不動産を個人間売買できるオンラインマッチングサイト「URI・KAI」の運営も行う。(撮影 武市公孝)

ネクスウィル代表取締役 丸岡智幸

 離婚などの理由によって一つの不動産を2人以上で所有することは少なくない。そうした「訳あり不動産」に特化した買い取りを手がける。(聞き手=加藤結花・編集部)

>>連載「挑戦者2023」はこちら

 売却しづらい「訳あり不動産」に特化した買い取り事業を行っています。具体的には、一つの不動産を2人以上で所有する共有持ち分の不動産や、建築基準法の改正で現在では違法建築物となってしまった再建不可の不動産など、一般的な不動産会社では買い取りを断られてしまうような権利関係の複雑な不動産を扱っています。

 相談が多いのが共有持ち分の不動産で、夫婦共有名義で2分の1ずつ家を購入した後に離婚したケースや、たび重なる相続により持ち分が数十人に細分化したりしているケースです。

 訳あり不動産を所有する人たちには、身内でさんざん話し合ったけれど自力での解決が難しかったり、利活用できない物件に固定資産税を払い続けているなど、社会問題化していると感じます。

 当社では、こういった不動産を資産価値や採算性などを総合的に査定して買い取ります。その後、権利関係などの問題を解決したうえで、不動産会社などに売却しています。権利関係の問題などはややこしく、販売まで1物件当たり平均で半年程度かかります。大手の不動産会社が積極的に手を出さない分野であることを逆手に取って、あえて「訳あり不動産特化」という看板を掲げています。

 20年10月に訳あり不動産特化の事業を始めました。現在は月90件程度の問い合わせがあり、ここ1年で150件程度を買い取りました。また、22年2月からは空き家や訳あり不動産を個人間売買できるオンラインマッチングサイト「URI・KAI(ウリカイ)」の運営もしています。こちらは情報の掲載は無料で、1物件当たり成約時のシステム利用料(買い主5万円、売り主7万円)のみで提供しています。

 なるべく買い取りたいとは思うのですが、立地などの条件で当社が買い取り可能な物件は全体の1~2割程度。「URI・KAI」を始めたのは、買い取りできない不動産にも買い手が現れてほしいという思いからです。

大阪にも拠点開設へ

 前職で投資用アパートの販売経験があったので、設立当初は、投資用不動産の売買仲介をメインに手がけていました。しかし、投資用不動産販売は金融機関の融資に頼る必要があるなど、立ち上げたばかりの会社が優位に事業をするのは難しいため、外部環境に影響されないビジネスモデルを探していました。そんな時、顧問弁護士から共有持ち分で困っている顧客がいるとの相談を受けたことをきっかけに、訳あり不動産の多さに気付き、事業を始めました。

 事業への反響が大きくなってきたこともあり、23年春に大阪にも拠点開設を予定しており、23年中の福岡への進出も検討しています。社会問題化している不動産問題解決のためにも、事業を拡大していきたいです。


企業概要

事業内容:不動産の買い取り・販売

本社所在地:東京都港区

設立:2019年1月

資本金:5000万円

従業員数:10人


週刊エコノミスト2023年1月24日号掲載

丸岡智幸 ネクスウィル代表取締役 「訳あり不動産」特化で買い取り

インタビュー

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事