教養・歴史特集

貨幣の起源は前7世紀 歴史に学ぶ経済と人類 

    地中海に起源を持つコイン(編集部作成)
    地中海に起源を持つコイン(編集部作成)

     今日、経済活動を広く媒介する貨幣だが、そのはじまりは古代にさかのぼる。

     貨幣のうち、コインのはじまりは、紀元前7世紀のギリシャ時代、小アジア西部のリュディア王国(現在のトルコに位置)で起きたというのが、西洋では通説だ。当地では、金と銀の自然の合金「エレクトロン」が豊富に採掘できており、これを原料とした。ジョナサン・ウィリアムズ著『図説 お金の歴史全書』によると、正円ではなく卵形をしており、一つの面に1~2個の刻印されたマークがついている。デザインはライオン、オス鹿、オス羊などだという。

     この「エレクトロン・コイン」は、経済活動以外にも使われていたのでは、との説がある。同書では「神々への個人的奉納の新しい方法だったかもしれない。あるいは名声を得ることを狙った従属者への贈り物だったのかもしれない」として「商業的な一連の目的ではない、あらゆる可能性がある」と指摘している。

    残り427文字(全文816文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット