教養・歴史特集

歴史に学ぶ経済と人類 ローマ史 変容する米国、ローマ衰亡史の座視 寛容性喪失で色あせる大国の権威=本村凌二

    古代ローマ市民に提供された「パンとサーカス」の舞台となった円形闘技場、コロッセオ(筆者提供)
    古代ローマ市民に提供された「パンとサーカス」の舞台となった円形闘技場、コロッセオ(筆者提供)

     すっかりなじみになったが、デジャヴー(既視感)という言葉がある。大英帝国と現代のアメリカの覇権は一続きの世界帝国のようであり、この勢力は300年以上にわたって勝者の側にあり、その勝利の歴史が今日にいたる世界を形成してきたのだ。しかも、それがかつてのローマ帝国の覇権とどこか重なって見えるのだから、まさしくデジャヴーなのだ。

    残り2684文字(全文2846文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット