教養・歴史特集

歴史に学ぶ経済と人類 産業革命 「元祖」も「第4次」の現在も金融の革新と覇権争いのセット=上川孝夫

    17世紀以降、国際貿易で栄えたリバプール
    17世紀以降、国際貿易で栄えたリバプール

     人工知能(AI)やロボット技術などに象徴される「第4次産業革命」が進行中と言われる。金融と技術が融合したフィンテックも話題に事欠かない。グローバルに見れば、貿易やハイテク分野での米中の覇権争いという構図も明確になってきた。18世紀後半から19世紀初頭にかけて起きた「元祖」産業革命も、金融革新や覇権争いという面から捉え直すことが可能だ。

    残り2796文字(全文2965文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット