経済・企業特集

大図解・世界経済&マーケット データで分かる!8 中国・原油先物の存在感 売買高で北海ブレント超え=津賀田真紀子

    世界最大の原油輸入国となった中国
    世界最大の原油輸入国となった中国

    売買高で北海ブレント超え 資源決済の脱ドル化に現実味

     世界最大の原油輸入国である中国で(図1)今年3月、原油の先物取引が始まった。国際指標であるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油と北海ブレント原油はドル建てだが、新設された上海国際エネルギー取引センター(INE)原油は人民元建てで取引される。

     中国は輸入量の多い中東産原油を上場させることで価格形成への影響力を強めるとともに、資源決済の脱ドル化を狙う。中国企業にとっても、自国通貨での取引は為替変動リスクを軽減できるだけでなく、先物を使った為替ヘッジの取引コストを節約できるなどのメリットがある。

    残り816文字(全文1099文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月1日号

    スマホ・5Gの新王者第1部20 3大携帯会社に挑む楽天 新技術で5Gの主役狙う ■柳沢 亮/浜田 健太郎24 5Gで変わる通信業界 米巨大IT依存が深まる 勝負は「非通信」ビジネス ■石川 温27 インタビュー NEC 河村厚男 執行役員常務ネットワークサービスビジネスユニット担当 「5Gで世界シェ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事