経済・企業特集

商社 商社セブン 豊田通商 次世代自動車 投資を加速

    豊田通商の連結最終損益と株価の推移 (注)連結最終損益は2017年3月期以降はIFRS、それ以前は日本基準 (出所)豊田通商資料とブルームバーグより編集部作成
    豊田通商の連結最終損益と株価の推移 (注)連結最終損益は2017年3月期以降はIFRS、それ以前は日本基準 (出所)豊田通商資料とブルームバーグより編集部作成

     トヨタ自動車の関連会社であり、自動車は基幹事業だ。その自動車で100年に1度と言われる技術革新、産業構造の変化が起こりつつあるという意識の下、2017年度に事業本部横断の「ネクストモビリティ推進部」を設立した。これまでに、電気自動車(EV)用バッテリー需要を見込んだ豪州リチウム資源会社「オロコブレ」への出資(約260億円)や、東南アジア有数のシェア自動車「グラブ」への出資(出資額非公表)、量子コンピューターで世界的に有名なカナダ「Dウェーブ・システムズ」との協業、といった実績を上げた。

     次世代自動車事業と並ぶ重点分野に掲げているのがアフリカ戦略だ。12年に約2300億円で買収した仏C…

    残り352文字(全文648文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット