経済・企業特集

商社 不思議7 メーカーに近付いている 電子部品の取引から派生 設備投資伴う電機事業も=編集部

    オバーク解析装置。中央の円盤に半導体を載せてレーザーを照射する
    オバーク解析装置。中央の円盤に半導体を載せてレーザーを照射する

     半導体や電子部品には不具合がつきものだ。仕入れた半導体製品の中から不良品を排除し、納入先から持ち込まれた欠陥品の原因究明などの業務を行っているのが、豊田通商の全額出資子会社「ネクスティエレクトロニクス(東京都港区)」のTAQS(タックス)センター(愛知県安城市)だ。

    豊通は半導体検査

     8月末、同センターを取材した。作業スペースには「オバーク」と呼ばれる解析装置が設置されていた。不良品に赤外線のレーザーを照射すると、欠陥箇所から熱が発生し、回路の抵抗値が変化する。この現象を利用して問題箇所を検出する仕組みだ。現場を案内したネクスティの谷口芳邦執行役員は、「商社でこのような装置を持っているのは当社だけだろう」と強調した。

     半導体製造には、ウエハーに回路を形成する「前工程」と、ウエハーからチップを切り出して、半導体チップ…

    残り2443文字(全文2805文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット