経済・企業特集

中国の闇 疑問3 「習近平1強」体制は盤石? 経済不安で揺らぎ始めた権威=興梠一郎

    民衆の間には経済への不安が広がっている
    民衆の間には経済への不安が広がっている

    「習近平総書記が党中央の核心であること、全党の核心的地位にあることを断固擁護する」

     中国国営の新華社通信は8月26日、中国共産党の規律処分条例が3年ぶりに改正されると報じた。党トップである習近平国家主席が、唯一の権力の中心であることを意味する「核心」であることを強調する文言が加えられるという。党内の汚職や腐敗を取り締まるための同条例で、改めて習氏が「核心」であることを示したことは、「指示に従わないと捕まえるぞ」という脅しだ。裏を返せば、習氏の地位が揺らぎ始めたことへの危機感の表れとも見て取れる。

     中国では7月ごろから、民衆の不満が表面化している。7月上旬に上海市内で若い女性が習氏の肖像画に墨を…

    残り2178文字(全文2478文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット