経済・企業特集

中国の闇 疑問3 「習近平1強」体制は盤石? 経済不安で揺らぎ始めた権威=興梠一郎

    民衆の間には経済への不安が広がっている
    民衆の間には経済への不安が広がっている

    「習近平総書記が党中央の核心であること、全党の核心的地位にあることを断固擁護する」

     中国国営の新華社通信は8月26日、中国共産党の規律処分条例が3年ぶりに改正されると報じた。党トップである習近平国家主席が、唯一の権力の中心であることを意味する「核心」であることを強調する文言が加えられるという。党内の汚職や腐敗を取り締まるための同条例で、改めて習氏が「核心」であることを示したことは、「指示に従わないと捕まえるぞ」という脅しだ。裏を返せば、習氏の地位が揺らぎ始めたことへの危機感の表れとも見て取れる。

     中国では7月ごろから、民衆の不満が表面化している。7月上旬に上海市内で若い女性が習氏の肖像画に墨をかけ、その自撮り動画をネットに流す事件が起きた。この女性は「習近平の独裁暴政に反対する」と叫んでおり、当局に拘束されたと報道されている。

    残り2110文字(全文2478文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット