教養・歴史Book Review

『ドローンの哲学 遠隔テクノロジーと〈無人化〉する戦争』 評者・池内了

    著者 グレゴワール・シャマユー(哲学研究者) 渡名喜庸哲訳 明石書店 2400円

    「人道的」と称される武器の本質を徹底検証

     本書で議論するドローンとは、「武器を装備した無人飛行機」のこと。その機能を強調すれば「ミサイルを装備した飛行型高解像度ビデオカメラ」と言えるだろうか。ハンター・キラー(狩猟─殺人者)ともプレデター(捕食者)とも呼ばれる。現在ではロボットによる自動操縦とともに、戦場から遠く離れた基地で空軍兵士がオペレーターとなって遠隔操作を行うという、二つの制御様式が組み合わされた「無人偵察・戦闘機」というのが正確な定義だろう。

     本書は、ドローンの技術的・戦術的な側面を詳しく語りつつ、その精神病理学、死倫理学、哲学的原理、政治…

    残り870文字(全文1188文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット