投資・運用

収入の途絶えに備える「働けない」リスクに就業不能保険=内藤眞弓 保険見直し大作戦 

    PDFはこちらをクリックしてください

     就業不能保険とは、病気やけがで働けなくなった場合、契約時に決めた金額を毎月給付するものである。これまでけがや病気の保障をする保険といえば、入院や手術を保障する医療保険や特約であった。しかし、健康保険等の公的医療保険には「高額療養費制度」(32~33ページ参照)があり、治療費には上限が定められている。短期で回復して仕事に復帰できれば、さほど大きなリスクとはいえない。

     一方、本当に困るのは、完治せずに治療が長引き、収入が途絶えてしまうことだ。傷病手当金や障害年金といった公的保障もあるが、収入減少は避けられない。しかも、医療保険における「入院」とは、医療法に定める病院などへの入院のことをいい、在宅で治療を継続したり、病院以外の施設でリハビリを受ける場合などは給付の対象にならない。

    残り1224文字(全文1584文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事