投資・運用

通常の介護より負担大 認知症に特化した保険が登場=山田静江 保険見直し大作戦 

     高齢化が進むにつれて介護、なかでも認知症に対する不安が増している。65歳以上の認知症患者は、25年には675万人に、そして約20年後の40年には800万人を超えると推定されている(内閣府「2017年版高齢社会白書」)。親や、そろそろ老後が心配な自身の問題として捉える人も増えつつあると思われる。

     ここ数年、保険会社から介護保険の一種として、認知症に特化した保険や特約が発売されている。

     民間の介護保険は、公的介護保険に基づく要介護認定を受けたり、所定の要介護状態になったりすると、年金や一時金が支給される仕組みであり、もちろん認知症も保障対象に含まれる。

    残り1205文字(全文1483文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事