教養・歴史歴史書の棚

歴史書の棚 中国では出版不可能? 激越な神話解体を読む=加藤徹

     オルドス高原は、黄河上流の「π(パイ)」字形の屈曲部にある。エーデルワイスの花が咲く、遊牧民族にとっては豊かな楽園だった。

     楊海英『モンゴル人の中国革命』(ちくま新書、940円)は、二十世紀のオルドスの惨劇の歴史を描く。著者はオルドス生まれのモンゴル人で、幼少期に文化大革命の混乱を経験。現在は静岡大学教授をつとめ、旧来の「中国史」の常識を破る著書を次々と上梓(じょうし)している。

     オルドスは、古代の匈奴(きょうど)の勃興以来、アジアの要衝だった。中国人も、近代のロシアや日本も、オルドスを狙ったことがある。が、自由を尊ぶモンゴル人のオルドスを攻め落とすことは、できなかった。

    残り612文字(全文902文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事