教養・歴史歴史書の棚

歴史書の棚 現代人には想像外 暴力と欲望の歴史=本村凌二

     

    16世紀には地球規模で商業が活発になり、東アジアでも明(みん)の海禁に反して貿易を営もうとする内外の勢力が出没した。周縁海域では密貿易や海賊行為が横行した。それを明では倭寇(わこう)とよんだが、実際には中国、日本、朝鮮の私貿易商人たちが徒党を組んで武装していた。

     西ヨーロッパでも、イングランド人、フランス人、スコットランド人らが入り乱れて、戦争と報復に便乗した海賊行為がくりかえされている。やがて略奪の波はイングランド沿岸部から大西洋へと広がり、カリブ海や中南米沿岸部まで含むようになる。薩摩真介『〈海賊〉の大英帝国』(講談社選書メチエ、1950円)は、現代人の理解を超える合法化されたこの暴力と欲望の歴史の実像を描き出す。

     とりわけ、イベリア半島のスペインとポルトガルの両国がいち早く独占していた新大陸の富を、他の諸国がいかにして奪うかという点に眼目がある。コルテスやピサロらの征服者(コンキスタドーレス)による植民地が拡大し、そこで先住民を酷使して鉱山開発が行われた。巨万の金や銀が採掘され、旧大陸で大々的な銀納化が進行した。

    残り424文字(全文891文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月6日号

    半導体 コロナ特需16 成長分野 (1)医療・非接触 新たな社会課題がビジネスチャンスに ■津田 建二19      (2)5G&サーバー 世界データ量3倍化で市場拡大 ■編集部20      (3)パワー半導体 日本は新素材で先行 ■編集部22      (4)製造装置 中国勢駆け込みで2桁成長へ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット