教養・歴史書評 読書日記

楊逸の読書日記 一夫一婦制は少数派? 恋愛は遺伝子次第?

    ×月×日

     朝起きてテレビをつけると、どのチャンネルも、ある有名女優がやや下向きの顔で、追いかけてくる取材カメラから逃げていく様子の映像を繰り返し映している。不倫報道だった。

     不倫は道徳問題と考え批判する人が多いようだが、実は「人口の約5割は不倫型の遺伝子を持っている」のだと、『不倫』(中野信子著、文春新書、830円)に書いてある。

    「一夫一婦」の制度のもとで生きる我々にとって、結婚していて、妻(夫)子持ちという身でいながら、別の異性とまた恋仲になってしまうなんて、確かにとんでもないことで許してはならないのかもしれない。

    残り1042文字(全文1303文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事